万葉文化講座

万葉文化講座

万葉文化講座について

万葉にゆかりの深い土地を訪ね、樋口百合子(高20)先生のお話を聞きながら、万葉のいにしえに思いをはせ、当時を偲びます。
主に、11月の土曜日に開催されます。
樋口百合子(高20)さん 奈良女子大学院古代学センター研究員、文学博士

第15回(2020年度)実施報告
過去の実施報告

開催のお知らせ

第16回(2021年度) の実施予定

第16回万葉文化講座を下記の通り開催します。同窓会会員の皆様のご参加をお待ちしています。
中止になった場合は、参加申込者に直接連絡するとともに、ホームページに掲載します。

開催日 2021年(令和3年)11月6日(土)13時~15時
 
開催場所 岸高セミナーハウス(グラウンド内)
樋口 百合子(高20回)博士(文学・奈良女子大学)
 
開催内容 演題:『令泉家の歌道と披講』 「梅に鶯」は春の象徴であるが、実際に梅に鶯が来るのを見ることは稀である。「梅が枝に鳴きてうつろふ鶯の羽白妙に沫雪ぞ降る」と万葉集に詠まれて以来、千数百年もこの公式に添って歌を詠んで来た、それが冷泉家の和歌である。和歌は声に出して歌うのが本来の享受の方法であり、それは今も宮中の歌会始や各地の曲水の宴などで見ることができる。  それを披講という。 本年はこの二つについて実演を交え、紹介します。
 
参加申し込み

参加ご希望の方は、当ホームページの申し込みフォームご利用いただくか、直接同窓会事務局に電話またはFAXでお申し込み下さい。
当日、発熱がある等体調がすぐれない場合は、参加をお控えください。
申し込みフォーム 申し込みフォームまたはTEL、FAXでも受け付けています。
Tel/Fax: 072-422-4509(毎週水・金の9:30~12:30 担当:大原)

タイトルとURLをコピーしました