和漢書文化講座 第14回実施報告

同窓会の行事

第 14 回(2021年度) 実施報告

文化講座・和漢書図書室の再発見 
『岸和田市立図書館所蔵和漢書と岸和田中学』 

講師:下村欣司(地域史家、元岸高社会科教諭) 
開催日:2021年2月13日(土) 

報告 

昨年のこの講座は、まだ新型コロナの話題も”対岸の火事”的な頃に実施したものでしたが、今年は、その2回目の緊急事態宣言が一ヶ月延長された中で開かざるを得ませんでした。
もちろん、マスク着用・消毒徹底や三密を避けた広い会場を用意し(黎明館からセミナーハウスに変更)、換気も心がけましたが、やはり残念ながら参加者は一般3名と教員3名の計6名にとどまってしまいました。講師の下村先生もその点気にされながらお話しいただきましたが、先生も参加者も話が進むにつれて、その内容に引き込まれ、あっという間に予定の一時間が過ぎてしまいました。 

そこでは、岸和田市立図書館に残る和漢書には、岸中の中原2代校長編集の『高等讀本七』や、落合5代校長の論文『御成敗式目考異』、岸和田中学国漢系の教員による解説文『孝経 全』、岸中生のための副読本として編纂された古典文学解説書『上古文學選 全』、あるいは岸中卒業生の著作物などがあることとその内容が紹介され、またそれらの関係者と泉州地域とのかかわりなども紹介されました。 

そして会の最後には、今回の講座やその質疑応答を踏まえて、機会があれば同窓会などが中心となって、失われつつある地域の旧家などに残る古い史料の収集や、岸高・岸和田図書館・市役所などが連携して地域の史料の保存・管理をすすめていくよう呼び掛けていく必要性などが話されました。 

過去の実施報告

第13回
2020年度
開催日:2020年2月8日(土)
 
第12回
2019年度
開催日:2019年2月9日(土)
 
第11回
2018年度
開催日:2018年2月10日(土)
タイトルとURLをコピーしました